クルーズグループのSDGs

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、 2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」 にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、 地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的) なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
クルーズグループは、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、 事業活動を通じて目標達成に貢献していきます。

クルーズグループの取り組み

クルーズグループは、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

目標5

目標ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う

クルーズグループの取り組み

働く女性や子育てする世代を応援し、女性の社会進出を推進。
待機児童問題の解決にも貢献。

  • 短時間正社員制度(子供が小学校卒業まで適用可)
  • 育児手当
  • 床暖房
  • グループ内に保育事業を設立(株式会社マミーズ・2017年)

目標6

安全な水とトイレをみんなに

すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する

クルーズグループの取り組み

確実な点検で安全な水を入居者の皆様に提供し続ける。
多くの方にご利用いただける清潔な公衆トイレを提供。

  • 管理物件の貯水槽清掃、水質検査を年1回必ず実施
  • 大須観音前の公衆女子トイレの一部を洋式化、高圧洗浄機を寄贈
  • 金山総合駅南口公衆便所の一部を洋式化

目標8

働きがいも経済成長も

包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

クルーズグループの取り組み

「社員」と「社員の家族」を幸せにすることで優れたサービスを提供し、事業活動を通して経済成長に貢献。

  • 家賃補助制度
  • 資格取得報奨金制度(最高10万円)
  • 社員旅行
  • 入社記念日、誕生日、ファミリー休暇
  • 家族旅行手当(毎年10万円)
  • 社員誕生会
  • 社員懇親費用補助制度

目標11

住み続けられるまちづくりを

都市や人間の居住地をだれも排除せず安全かつレジリエントで持続可能にする

クルーズグループの取り組み

世界的な企業、知名度の高いブランドを誘致。
街のイベントにも積極的に参加。
経済活動を活発化させ、ショッピングだけでなく老若男女が集う街づくりに貢献。
安心、安全で住みやすい環境を整備。
入居者が長く住み続けたくなる物件の提供。

[ 参加・協賛イベント ]

  • 南大津通歩行者天国
  • 栄ミナミ音楽祭
  • 栄ミナミ盆踊り
  • にっぽんど真ん中祭り など

空家、空地等の遊休不動産の有効活用を提案
大規模修繕やリノベーションの提案
入居者の住みやすさを追求した、管理会社目線の賃貸マンション建設

高齢者に対する賃貸住宅の計画的な供給と管理に貢献。

名古屋市高齢者向け優良賃貸住宅に係る民間事業に登録
(株式会社クルーズ)